teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


賈詡の字について

 投稿者:MASA  投稿日:2011年 2月 3日(木)00時28分11秒
  賈詡の字は文和(ぶんわ)と読むと思うのですが、(三国志人物事典にも「ぶんわ」ありました。)
某有名?ゲームには賈詡「ぶんか」と紹介されていました・・・・
何かの書物に「ぶんか」と記載があったのでしょうか?
お分かりになられる方がいらっしゃれば、あおおしえいただけないでしょうか
お願いします。
 
 

武将診断サイトですよ

 投稿者:らら6  投稿日:2011年 1月19日(水)08時42分34秒
  三国志武将診断サイトです!
あまり知られていないですが
おもろいです。
http://sangokushindan.ciao.jp/

http://sangokushindan.ciao.jp/

 

(無題)

 投稿者:3594  投稿日:2010年12月21日(火)16時49分57秒
  武将一人一人の事がもっと詳しく分かると最高。例えば、生い立ち等

 

8/27更新

 投稿者:おりふ  投稿日:2010年 8月28日(土)08時36分30秒
  大変ご無沙汰しております。管理人のおりふです。

宋建、劉祥、区連の3人の列伝をアップしました。
コラム「マイナー群雄列伝」にまとめています。
しばらくこのコラムを中心に更新していきたいと思います。

先週末の「三国志フェス2010」にお越し頂いた方、誠にありがとう
ございました。管理人は当イベントの運営に関わっておりました。

近年はサイトの運営だけでなく、三国志関連の様々なイベントやオフ会に
足を運んでおります。何かの縁でお会いしましたら宜しくお願いします。
 

(無題)

 投稿者:ブー  投稿日:2010年 5月 3日(月)07時09分25秒
  ここも宣伝ばかりになっちゃったな・・・  

曹操の墓発見!

 投稿者:はまぐり  投稿日:2009年12月27日(日)21時48分30秒
  先ほどYahoo!ニュースで曹操の墓を発見と記事がありました。
装飾品や遺骨も発見されたようで、遺骨の鑑定結果で年齢は60代の骨と推定され、曹操が死亡した年齢と一致します。
これが事実ならば歴史的大発見だし、三国志ファンにとっても大ニュースですね!
 

(無題)

 投稿者:徳皮家康  投稿日:2009年11月28日(土)11時50分24秒
  初めまして、三国志関連のホームページを探してたら遭遇しました
表示も軽快内容も濃く精鋭騎馬隊のようでお気に入りです
三国志は正史を読破するほどマニアではないですが、それにしても関羽に対する陳寿の評は酷いですな~
荊州失陥は関羽が陸遜を呂蒙が病死して後任の指揮官が任命されるまでの
代理指揮官と見ていて正指揮官が任命される前に曹操を討とうとして
失敗したのではないでしょうか?
 

曹操

 投稿者:倭人  投稿日:2009年11月12日(木)13時13分10秒
  本で読んだけど曹操はちびで醜い男のようだ 諸葛亮や関羽は190センチの大きな男のようだ  小さいのはくず 醜いのもくずだと思う  

(無題)

 投稿者:ブー  投稿日:2009年 9月19日(土)22時14分17秒
  水、清ければ魚住まずっていいますしね。

董卓といえば赤兎を乗りこなした数少ない人物で、
武芸にも実は達者だったとか・・・
 

董卓

 投稿者:kousonnkennenn  投稿日:2009年 9月19日(土)14時38分58秒
  勝手に人物評その3(久しぶりだ)ということで。

董卓。悪逆非道、暴虐の限りをつくした大悪人・・・ということですが、はたして?
下記にも書いておりますが、若いころのエピソードを見るに、なかなか気前の良い、好漢であったようです。おそらく、部下を可愛がることのできる親分気質の人物だったのでしょう。
また、演義では李儒という人物が董卓のブレーンとして暗躍しますが、正史ではそんなことはありません。してみると、董卓ってのは、暴虐さと狡猾さを併せ持った人物で、ただの強欲バカではなかったのかもしれません。
例えば、彼は相国となりましたが、禅譲についてはあまり積極的ではなかったようです。袁術が皇帝を自称して自滅したことからも分かるように、董卓も皇帝を名乗ることの不利は十分、分かっていたのでしょう。けっしてバカではありません。
また、洛陽を焼き払って長安へ強行遷都したのも考えてみれば中々の策士ぶりです。もともと守りにくい洛陽を何の躊躇もなく焼き払うというのは出来るようで出来るこっちゃありません。まあ、住民のことなんかいっこも考えてなかったんでしょうけど・・・。呂布に暗殺されなければ、彼の政権は長安一帯でそれなりに長持ちしたのかもしれません。
董卓の死後、董卓軍はあっというまに空中分解してしまいます。董卓なる人物の、ある意味でカリスマ性を感じるところです。すくなくとも私利私欲の塊のような彼の軍団を纏め上げるだけのものを持っていたのでしょう。体制側にいなければ、かなり魅力的なアウトローヒーローになってたのかもしれません。

彼はたしかに悪逆非道の人物であったとは思いますが、それは彼のそばに優秀なブレーンがいなかったことも一因ではないか、と思います。
もし、彼が体制側ではなく、緑林のような徒党にいれば結構な貫禄であったのかもしれません。悪漢としてのスケールは袁術だとか陶謙だとかの比ではありません。
正直、かれの無茶苦茶ぶりがどこまで計算でどこまで天然なのか、よくわからんところです。
 

レンタル掲示板
/48